« Re: 『かかわり本』番外編 | Main | Re: 『かかわり本』番外編 »

Re: 『かかわり本』番外編

Gさん、こんばんは。

  超ご多忙の中、丁寧なコメント、ほんとうに有難うございました。 


> この流れの中で、無政府主義者(アナーキスト)大杉栄に接近していったのは、
> 必然のことだった。神近市子と大杉を争い、壮絶な事件にまで発展した訳。
> 結局恩師でもあった辻順と別れ大杉と結婚。


 もしかして、これって、辻順ではなく、辻潤ではありませんか。ところで、

ウィッキー日本版の解説ではただ、翻訳家、思想家と切り捨てていますが英語版では、作家、詩人、エッセイスト、劇作家、翻訳家、ダダイスト、虚無主義者、美食家、尺八奏者、俳優、フェミニスト、ボヘミアン(浮浪者?)と随分詳しいですね。

  辻潤と云う人物。最後には、仏教にまで救いを求めるに至っては、しょうじき、支離滅裂というか、あっしには、理解不能の人物ですね。

|

« Re: 『かかわり本』番外編 | Main | Re: 『かかわり本』番外編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19519/62950445

Listed below are links to weblogs that reference Re: 『かかわり本』番外編 :

« Re: 『かかわり本』番外編 | Main | Re: 『かかわり本』番外編 »